巷に多く存在している即融資はなにか違いがあるか

最近良く見るんですが、キャッシングやカードローンで即融資と言う言葉を見ます。色んな所の広告とか、後はネットの口コミなんかでも即融資の消費者金融や銀行系カードローンがあるということなんですが、この即融資について教えてもらえないでしょうか。

特に気になるのが即融資というのは今まであった消費者金融や銀行系カードローンと、どういう点で違うのか?ということです。即融資では昔はなかったのかなども気になります。

即融資は審査から借入までのスピードが早いことを指す

確かにこのような言葉が流行し始めたというか、こういった業者が沢山出てきたのはここ最近のことです。だからいまいち即融資というのが何が違うのか、よくわからないという人のほうが多いでしょう。実際に違いがあるわけですが、はっきり言って大きな違いはひとつくらいのもので、それが申し込んだ日に審査をしてもらえて、それからお金を借りる事ができるということです。

そもそもお金を借りるためには大きな審査を何度もクリアしないといけないというのが通例でした。元々は消費者金融のなかった時代、銀行から借り入れをしないといけないわけで、その時には銀行の審査というのがありました。企業でも個人でもかなりの時間がかかったと言われています。それこそ一週間は最低でも待たされるので、その間に苦しくなることが多かったのです。

そこで消費者金融が出てきて、お金を貸してもらえるようになり、しかも即融資してくれるところも出てきたというわけです。特に今は少なくなりましたが、消費者金融は対面での借り入れをするときにはほとんど審査らしい審査もなくて、即融資してくれるのが当たり前になりました。今は対面審査がなくなり、きっちりした銀行の審査に近くなっているのです。

銀行っぽい審査をすることが当たり前になってきているということもあり、審査に時間がかかるようになっています。特に大手ほど慎重に審査をするようになりましたから、少なくとも2日くらいは借入までに間が空くようになっているのです。しかしその間が即融資と言われている業者ではなく、すぐに借り入れできるというのが特徴なのです。

即融資の業者はちゃんと借入をすることができ、対面ではなく今どきのネットからの申し込みもちゃんと対応しています。それを早くするために自動で機械に審査させていると言われています。そうして今は即融資が出来るようになったということです。大きな違いはそのくらいで、他は一緒のようなものです。

即融資という言葉通りにスピード融資してもらう方法を考えよう

看板やホームページに「即融資」と書かれているとしたら、そこには2つの種類があると思ってください。1つは店舗へ直接行くから即融資。もう1つは口座振り込みだから即融資。この2つは同じように見えて、少し違うのです。

店舗へ直接行くことで即融資できるというのは、駅前などにある地元の貸金業でよくあるパターンです。こうした業者には50年以上の社歴のあるところもあり、規模こそ大手に比べれば比較になりませんが、信頼厚く、リピーターが多いのも特徴です。

最近はネットでなんでもできる時代で、キャッシングではウェブ完結型がとても多くなっています。「来店不要」といった言葉が目立つところです。店舗へ行くのは気が重い、億劫ということです。

しかし店舗で担当者と直接会うと大きなメリットがあります。その場で審査が可能になり、不明点はそこではっきりさせることもできます。審査に通れば当然、即融資です。このときも現金手渡しはほとんどありません。不便ですし、領収書などの発行で手間がかかり、金額によっては印紙も必要になってくるからです。この点、銀行振り込みにすれば印紙は不要になります。証拠がきちんと銀行に記録されるので、双方ともに間違いなく確認できます。

大手でも店舗で対応するとカードローンのカードを郵送する時間を省略できることもあって即融資に結びつきます。店舗、または無人機などを利用することで、スムーズに、短時間に融資まで可能になるのです。

そしてもう1つ。口座振り込みだから即融資ができるという点。これは大手がすべてそうだからでもありますが、資金を手元に置いておく必要がありません。借り手の口座に移動させるだけなら、実に簡単です。手数料ももっとも安いはずです。中でも手元に現金を持っておく必要がない点は、セキュリティ面からも重要です。

この方法が一般的になったので、即融資ができるキャッシングがほとんどになりました。ウェブ完結型の場合も、融資は振り込み、またはATMからの引き出しとなります。

つまり即融資で大事なことは、銀行の営業時間なのです。審査に通っても、午後3時を過ぎていたらその日の振り込みはムリです。ギリギリで2時50分までに審査に通って必要な書類をFAXなどで送付し終わっていなければ、その日は振り込めません。多くのキャッシングでは2時までに手続きが終わることを条件にしているでしょう。

即融資を実行するためには、平日の申し込み。それも午後2時までに申し込んで、必要な書類は準備しておくことです。また審査で問題が発生したり、契約の書類で不明点があったりするとあっという間に時間が過ぎてしまうので要注意です。

いったん申し込み、カードを手にすれば、ATMやインターネットを利用して、限度額内なら即融資が可能になります。これはとても便利ですよね。

家族に借りるより気が楽です

お金を借りることって、ものすごいプレッシャーを感じてしまいます。僕は生活がいつもギリギリで、毎月給料日前には親や兄弟を頼ることがしばしば。怒られつづけ、このままでは駄目だと一念発起し、カードローンの審査を受けてみることにしました。

審査には無事に通り、カードローンが利用できるようになりました。インターネットから申し込みができたので、思っていたよりもずっと楽でした。

今ではカードをATMに持って行きさえすれば、限度額の範囲で借り入れができるようになっており、非常に気が楽です。家族からのプレッシャーもなく、怒られるストレスもないので、これは非常にありがたく利用させてもらっています。

銀行のカードローンだから安心出来た

私はネットショッピングが大好きで、つい買い過ぎちゃうことも多いんです。先日も、夜パソコン見ていたら、欲しい物がいっぱい見つかっちゃって、ちょっと無理と思いながらもポチッと注文してしまったんです。

でもやっぱりどう考えてもお給料だけでは足りないと思い、カードローンに申し込みました。ただ、消費者金融は怖いイメージがあったので、自分が利用している都市銀行のカードローンにしました。

銀行のカードローンって、金利も低めなんですね。利用してる銀行ですから、振り込みキャッシングも便利ですし、何より銀行なので信頼性が高くて安心です。CMでもよく宣伝してるので、後ろめたさも感じずに利用出来て嬉しいです。

長年の夢だった作曲を融資で実現

昔から、音楽は好きで、キーボードとかをぽろぽろと弾いたりしていました。ちゃんとした作曲をしたいなあ、と思っていたのですが、今はパソコンでそれが簡単に出来るんですね。しかし、その為のソフトはかなり高価でなかなか手が出ませんでした。しかし、自分が欲しいと思ったソフトがセールで安くなっていたので、キャッシングをして買う事にしました。

でも、独学ではなかなか難しいので、教室にも通う事にしました。こっちにもお金がかかってトホホです。

セールの期間が限られていたので、即日融資と言う言葉が本当だったのは、ありがたかったです。驚くほど手続きも簡単で助かりました。ああいうの苦手なんですよね、自分。今は何曲か完成して、ネットでアップしています。